仮想通貨

客観的に分析!仮想通貨取引を行う8つのメリットを具体的にお伝えします

客観的に分析!仮想通貨取引を行う8つのメリットを具体的にお伝えします

ここ最近知名度を格段に上げている「仮想通貨」は現存するお金の価値を一変させる、革新的な通貨の一つです。

日本円・アメリカドルなどの法定通貨とは違い、国が管理していない通貨であるにも関わらず、価値を持ち流通できるシステムを保有している事が大きな特徴。

また、仮想通貨のもう一つの大きな特徴として、インターネットを通して世界中へ支払いを行う事ができます。例えば、ここ日本から遠く離れたアメリカに住んでいる方に対して仮想通貨を利用して支払いをすることもできてしまいます。

それ以外にも円・ドルのようなお金と違う点は様々ありますが、私は仮想通貨に対して携帯電話の価値を一変させたiPhoneと同じか、それ以上の価値があると言っても過言ではないと思います。

ですが、仮想通貨に対する一般的な印象はあまりいいとは言えません。

株式会社アスマークが発表した「仮想通貨に対する興味、イメージは?~お金と仮想通貨に関するアンケート調査~」では仮想通貨に対しての印象は下記のような結果になりました。

株式会社アスマークのプレスリリース

質問:仮想通貨という言葉から連想する言葉を、1つだけお答え下さい

この質問に対して「ビットコイン」という印象がおよそ4割、「詐欺」「怖い」などのネガティブな回答が全体の3割となりました。それ以外は「投機」「ネット」などの少数回答。

そして最後に「便利」や「革新的」などのポジティブな回答をした方はわずか3%という結果となってしまいました。

いずれも20代〜50代までの男女に質問をした結果との事なので、年齢による偏りはあまり考えられません。こちらのアンケートは3年前ではありますが、いまだ一般的には仮想通貨イコール「怪しい」「危険」「詐欺」「損失」などの否定的な印象を持っている方も多いはずです。

そこで今回は、そのようなネガティブな意見とは正反対である仮想通貨のメリットについて紹介していきます。

仮想通貨について詳しく知りたいという方、仮想通貨のメリットについて知りたいという方は、ぜひご覧下さい!

それでは始めていきましょう。

最初に:仮想通貨の8つのメリット

まず最初に、今回紹介する仮想通貨のメリットをまとめてみましょう。

・大きな利益が期待できる
・価値が安定している
・いつでも取引が可能
・海外送金のメリット
・透明性と信頼性
・少額投資可能
・国内外で買い物ができる
・無料で仮想通貨がもらえるサービスも充実

運用・タイミングによって大きな利益が期待できる

下記のチャートはTrading Viewが提供している2012年から2020年現在までの「ビットコイン(販売所)チャート」です。仮想通貨の代表とも言えるビットコインの価格変化を年数と共に表しています。

2012年から2020年現在までの「ビットコイン(販売所)チャート」

このチャートを調べてみると、2012年1月の終値は407円。(1ビットコイン=407円)つまり、ほぼワンコインで1ビットコインを購入する事ができました。ですがその後年数を重ね、2017年12月にはなんと1ビットコインあたり2,332,385円となりました。

例えば、2012年の1月気まぐれに10ビットコインを購入していれば…単純計算で2,000万円程度の利益が一気に出る事になります。

株式投資など金融商品に普段から投資をしている方でも、ここまでの利益をこの短期間で捻出するのは難しいでしょう。

ここまで価値が上がった要因は、日本を含む世界各地の取引所でビットコインの価格が上がった事ですが、このように仮想通貨はあり得ないほどの利益を短期間で得る事が期待できる通貨と言えるでしょう。

つまり爆益を期待できる事が、仮想通貨へ投資をする大きな目的でしょうしメリットであると言えます。また、ビットコインの価値はこれからも上がっていく可能性がある事もメリットとして挙げられます。

一番大きな理由が発行数量です。

例えば仮想通貨のビットコインは、インフレを起こさない為に供給する量が決まっています。つまりこれからビットコインの知名度が更に上がり、需要が上昇したとします。

一方で、供給する量は決まっているという事であれば、ビットコインの価値は自ずと上がっていく事が予想できます。

これらの事からいまだ成長の伸び代が大幅にあり、参入する余地がある事も仮想通貨のメリットの一つと言えるでしょう。

価値が安定している

仮想通貨に対する印象として「怖い」「リスクが高い」などのネガティブなワードを持っている方が多くいると最初に紹介しました。

ですが、私は仮想通貨をむしろ「金」などのような安全資産だと考えており、仮想通貨のメリットであるとも考えています。

このように思う理由をもう少し掘り下げていきましょう。

例えば1万円紙幣は日本という国が「この紙幣には1万円の価値がある」と認めているからこそ1万円という価値を持っています。

ですが、仮想通貨はこのような仕組みとは一線を画しています。仮想通貨には「国」のような取りまとめ役はおらず、仮想通貨を利用しているユーザー同士が管理しています。具体的には、ブロックチェーンと呼ばれる技術を用いる事で管理し、その価値を保っている事が多いです。

そしてそれは、日本だけではなく世界的にもその仕組みが採用されています。この仕組みが何を意味するのかというと、経済危機にも強い金融商品だという事。

簡単な例を挙げれば、為替です。「Yahoo!ファイナンス」の為替レートを見ると、2020年11月10日現在1USドルあたり日本円は104.86円の価値があります。

「Yahoo!ファイナンス」の為替レート

今の日本では想像しづらいことかもしれませんが、例えば日本円の価値がとんでもなく低くなったとします。仮に日本円の価値が1USドルあたり5万円と、急激に円安となってしまった場合日本円はほぼ無価値な通貨となってしまいますよね。

端的に言ってしまえば、今まで104円程度で購入できていたボールペンが、5万円を出さないと購入できなくなってしまうという事です。

ですが仮想通貨は国が管理をしておらず言ってしまえばユーザーが管理をしている通貨なので、災害・金融危機が起きたからと言って急激に価値が変わるという現象はとても少ないです。

仮想通貨の世界では代表的な事例ですが、ハイパーインフレが起きてしまったベネズエラでは自国の通貨から仮想通貨に乗り換えたという方も多くいたようです。

このように仮想通貨はむしろ、インフレに強い「金」などの金融資産であるという性格を持っているので、価値が災害などによって変わりづらい通貨であると考えています。

いつでも取引が可能

仮想通貨は365日いつでも取引をする事が可能です。

株式投資などの金融商品に投資をしている社会人の方が直面しやすい問題の一つに、時間問題があると思います。

例えば、日本の株式へ投資をしたくとも投資ができる時間は平日の朝9時〜午後3時の間ですが、この時間帯は仕事中という方も多いのではないでしょうか。

日本の株式市場よりも取引ができる時間が長いFXを見ても、日曜日は基本取引ができません。

一方、仮想通貨は最初に述べたように365日いつでも取引ができるというメリットがあります。つまり仕事が終わってから取引を行う事もできますし、休日に仮想通貨の取引する事だってできてしまいます。

極論とはなりますが、365日取引ができるのでいつでも利益を出す事ができる環境は整っているというのも仮想通貨のメリットです。

海外送金のメリット

仮想通貨は、海外へ送金する際の手数料がとても安い事で知られています。例えば日本国内から海外へ日本円を送金する場合、3つの手数料がかかります。

・送金手数料
・為替手数料
・受取手数料

このようにお金を「送る時」「受け取る時」そして「為替手数料」がかかります。

下記の通り、仮に三井住友銀行で海外へお金を送付する場合、海外送金手数料だけで最低でも3,000円かかってしまいます。

三井住友銀行の海外送金手数料
(引用:三井住友銀行

3,000円を海外へ送金する為に3,000円以上の手数料がかかってしまうと、なんだかかなり損をしたような気分になりますよね…。

ですが、仮想通貨を海外へ送金する場合であれば「無料」もしくは「数十円程度」です。

今後仮想通貨が世界的に普及され、ユーザーが増えていけばこの手数料の安さはかなりのメリットとなるでしょう。

また、仮想通貨は海外への送金スピードもとても早いです。

海外へ日本円を新興国へ送金する場合、数週間かかる事が一般的。ですが、仮想通貨を海外へ送金し相手側に到着するまでの時間は長くても30分程度とかなり早いです。

先ほど述べたように仮想通貨は国が管理者しておらず、銀行も介さない通貨なので余計な手数料がかかりません。

その為、海外への送金手数料が格安に抑えられている事。そして、仮想通貨はインターネットを利用して送金される為通常のお金とは比べ物にならないほど早く相手側へ送金完了する事ができます。

この手数料の安さと送金完了までのスピードの速さは、仮想通貨の大きな特徴でありメリットです。

透明性と信頼性

ビットコインを始めとする多くの仮想通貨では、ブロックチェーンと呼ばれる技術が用いられています。

ブロックチェーンとは、大きな一つの台帳だとイメージすると分かりやすいです。その大きな台帳に仮想通貨を利用した取引履歴が記録されています。

つまり「AさんはBさんへ150ビットコインを送金した」のような履歴が残っており当事者であれば誰でもこの履歴を閲覧する事ができます。

この取引履歴があるおかげで「私はまだお金を返してもらってない」のような金銭問題になる事もありません。履歴があれば一目瞭然ですからね。

そして、この履歴は改竄ができないように暗号化されています。つまり誰かが改竄しようと思っても、できないという事です。

このように誰でも見る事ができるという「透明性」そして改竄ができないという「信頼性」この2つの性格をあわせ持っている事も、仮想通貨を利用する上での安心感につながりますし、メリットと言えるでしょう。

少額投資可能

仮想通貨へ投資をする場合、少額から投資ができる事もメリットの一つです。

仮想通貨の取引ができるCoincheckでは、最低500円からビットコインを購入する事ができます。

仮想通貨以外の代表的な金融商品は「株式」が真っ先に挙げられる事が多いですが、ほとんどの証券会社では100株から株式を購入する事が基本です。例えば、日本を代表する企業トヨタ自動車の株価は2020年11月10日現在7,270円/株です。

つまり100株購入する為には、7,270円×100株=727,000円という多額のお金が必要になります。

一方仮想通貨は比較的コストがかからずに投資ができる事も、他の金融商品とは一線を画するメリットと言えるでしょう。

国内外で買い物ができる

日本でも、仮想通貨を利用して買い物ができる店舗も増えてきました。

代表的な店舗を挙げれば「DMM .com」「メガネスーパー」では仮想通貨(ビットコイン)を利用して買い物をする事もできます。

このように仮想通貨を利用して買い物ができる店舗は徐々に増えてきています。先ほど紹介したお店以外でも、仮想通貨を使えるお店はどんどん増えているのが現状。

この流れは日本だけではなく、海外でも同じような状況になっています。

今後仮想通貨の普及率が世界的に高まっていけば、日本国内で仮想通貨を利用して支払いができるだけではなく、海外旅行をする際に「両替」をする必要もなくなってきます。

海外旅行をして、現地で買い物をしたいのであれば日本円から現地のお金に換金をする必要性がありますよね。一方仮想通貨は「日本版の仮想通貨」「アメリカ版の仮想通貨」のように区切られていません。

その為、海外でもそのまま自分が保有している仮想通貨を利用する事ができます。

言ってしまえば、万国共通の通貨となりうる可能性を秘めており、国内外で買い物ができる事もメリットと言えるでしょう。

無料で仮想通貨がもらえるサービスも充実

最近では、無料で仮想通貨がもらえるサービスも充実しています。

例えば「cheeese」というアプリを経由して、ニュースを読む、アンケートに答えるだけでビットコインを無料でもらう事ができます。

それ以外にも、ネットショッピングやホテル予約をcheeese経由で行うとビットコインをもらう事ができたりと、仮想通貨を比較的簡単に獲得できるサービスが増えてきました。最近話題のポイ活も相まって、cheeeseのユーザー数は2020年11月現在3万人を超えています。

cheeese

また、生活をしているだけで仮想通貨がもらえるサービスも充実しています。

例えば、生活をする上でなくてはならない電気。大手仮想通貨取引所のCoincheckでは「Coincheckでんき」というサービスを始めており、こちらで電気の契約をすると最大で電気料金の7%がビットコインで還元されるというサービスを行っています。

Coincheckでんき

普通に生活をしているだけ、電気料金を支払うだけで仮想通貨が手に入るサービスも増えてきています。

お金は簡単に手に入りませんが、仮想通貨はやり方次第で簡単に手に入れる事ができる環境が整っている事もメリットと言えるでしょう。

最後に

今回の記事では代表的な仮想通貨のメリットを8つ紹介しました。

再度まとめると、下記の通りです。

・大きな利益が期待できる
・価値が安定している
・いつでも取引が可能
・海外送金のメリット
・透明性と信頼性
・少額投資可能
・国内外で買い物ができる
・無料で仮想通貨がもらえるサービスも充実

この中でも「透明性と信頼性」は仮想通貨に対する「怪しい」「危険」などのネガティブな印象とは正反対な事と言えるでしょう。

また、無料でもらう事ができるサービスも充実しているので、仮想通貨をお試しで保有してみたいと考えている方は、こちらのサービス経由で仮想通貨の世界に入るのもおすすめ。

また、仮想通貨はこれからの成長を期待できる金融商品としての性格も持っています。

それは、最初に紹介したビットコインのチャート図をご覧いただければ分かると思います。

更に仮想通貨のユーザーも増え、知名度が上がっていけばもしかしたら大きな利益があなたのもとに転がり込むチャンスがあるかもしれません。