仮想通貨

ビットコインとは一体何?今さら聞けない仕組みと成り立ちについて教えます

ビットコインとは一体何?今さら聞けない仕組みと成り立ちについて教えます

投資を行っている方はもちろん、テレビやニュースでビットコインについての話題があがる事も多くなってきました。

また、今では投資対象の一つとしてその存在感も高まってきています。ただ、意外にビットコインそのものの仕組みが良く分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

以前、インターネット調査を行っているMy Voiceが「仮想通貨に関するアンケート」を発表しました。

その中で仮想通貨に対する印象は「危ない」「リスクが高い」などのネガティブな意見も多く、このような意見を見てしまうとなかなか手が出し辛いと考えている方も多い事でしょう。

ビットコインを簡単に説明してしまえば、仮想通貨の一種です。

仮想通貨とは電子データのみで売買を行う事ができる通貨で、私たちが日常使用している紙幣・硬貨とは一線を画する物です。

仮想通貨=ビットコインではなく、仮想通貨という世界の中にビットコインを始め様々な通貨があるとイメージして頂くと分かりやすいです。

国内で最大級の仮想通貨取引所であるcoindeskの「仮想通貨の種類」を見るとなんと3,000種類もの仮想通貨がこの世に存在しています。その中でも代表的な通貨は下記の12種類。

・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・バイナンスコイン
・イオス
・ビットコインSV
・ステラ
・トロン
・カルダノ
・モネロ

そして、今回紹介するビットコインは世界で最初に発行された通貨として知名度もかなり高いです。

今回は、名前は聞いたことあるけどいまいちどのような物なのか分からないという方に向けてビットコインの仕組みについて分かりやすく説明していきます。

今までビットコインについてあまり知識が無かった方も、この記事でビットコインの仕組みについて学んでいきましょう。

ビットコインとは

ビットコインとは、仮想通貨の一種です。BTCと呼ばれる事もあります。

「仮想」という名前がついている通り、実際の日本円やアメリカドルのようにお金ではありますが硬貨・紙幣は存在せずインターネット上に存在するお金です。

インターネットがあれば日本からでもアメリカのサイトを見る事ができるように世界の国境を簡単に超える事ができるツールですよね。ビットコインも、インターネットを経由してビットコインで商品・サービスの支払いを行う事ができます。

前提条件として、双方がビットコインでの支払いを了承している事は必須ですが遠く離れたアメリカへ支払いをする事も、ビットコインを使えば簡単にできてしまいます。

現在キャッシュレスの支払いはどんどん世間に浸透してきましたよね。

クレジットカードはもちろんですが、他にも
・楽天Edy
・d払い
・メルペイ
この他にもたくさんのキャッシュレス払いがあります。

キャッシュレス払いの種類
(引用:マイナポイントHP

今後更にビットコイン、ひいては仮想通貨全体の知名度・信用度が上がってくればキャッシュレス決済の一つとして台頭してくる可能性も十分に考えられます。

ただ、勘違いを防ぐ為に説明をしておくと仮想通貨は電子マネーではありません。電子マネーは元を正せば日本円を利用しますよね。

例えばSuicaであれば日本円をあらかじめチャージをしておく事で支払いをする事ができます。

ですが、ビットコインひいては仮想通貨の場合はそれそのものが通貨です。つまりビットコイン「を」利用して商品・サービスの代金を支払います。

何について説明をしたいのかと言うと、ビットコインの価値についてです。

通貨=価値という方程式が成り立たない限り、決済には使用できません。先ほど私が紹介した楽天Edyなどの電子マネーも日本円硬貨そして紙幣をチャージしておく事で利用できます。

日本円の場合であれば、日本国が「1万円札には1万円の価値がある」と保証しているから日本円には価値があります。つまり日本円をチャージしているSuicaや楽天Edyなどは信用に足るので利用できます。

このように通貨とは信用・信頼の元成り立つ必要があります。

例えば、私が適当な紙に「1万円」と書いて渡してもその価値はほぼ無価値です。

一方ビットコインを始め、多くの仮想通貨には日本国のような取りまとめ役がいません。

非中央集権とも言われたりしますが、それでは誰が取りまとめているのでしょうか。

次章から、このビットコインはなぜ取りまとめもおらず、一見信用できなそうなのに現在一つの通貨として支払いができる程に信用があるのか、もう少しビットコインについての仕組みを掘り下げながら説明していきます。

ビットコインに価値がある理由

ビットコインの価値について説明をするには「ブロックチェーン」と「マイニング」この2つの意味を理解する事が一番の近道でしょう。この章ではこの2単語について説明していきます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンを簡単に言ってしまえば、みんなが見れる仮想通貨の台帳です。

具体例を出していきましょう。ここではできる限り簡単な例としたい為1ビットコイン=1円とします。

例えば、Aさんがビットコインを利用してBさんからコーラを150Bitcoinで購入したとします。

するとAさんがビットコインを利用した証明として、ブロックチェーンという名の台帳に記録されていきます。

イメージとしてはブロックチェーンという大きな台帳に「Aさん 150Bitcoin 支払い」という記録が残るという事だと考えて下さい。取引の履歴だと考えてもいいかもしれません。
※このような1つ1つの取引を「トランザクション」と言います。

仮想通貨を利用すると、このように全ての取引が記録として残ります。

またこの記録は一度書かれてしまったら、二度と書き換える事ができないように暗号化されているというのも大きなポイント。そして「取引履歴」は当事者であれば誰でも見る事ができます。

つまり取りまとめ役は誰なのか、と言われればそれはBitcoinを利用している皆の事です。したがって仮想通貨とは、みんなが監視をする事で成り立っている通貨だと言えるでしょう。

先ほどお伝えしたトランザクション(1つの取引)が集合する事でブロックとなり、それがチェーンのように広がって誰でも見る事ができるので「ブロックチェーン」と言います。この仕組みが確立されているので、例えばBさんが「まだ150Bitcoinをもらっていない!」と嘘をついたとしても記録として残っているので「支払った支払っていない」問題にならずに済むという事。

これが仮想通貨の信用を裏付ける一つのポイントです。

マイニング

先ほど私は、ビットコインにはブロックチェーンと言う大きな台帳があり取引の履歴を記載していると説明しました。

それではこれらを計算し記載しているのは一体誰なのでしょうか?簡単に言ってしまえば、有志のパソコンの計算能力を利用しています。

つまりもしあなたがパソコンを保有していれば、ブロックチェーンの記載ができてしまいます。(一定以上の性能は必要となりますが)大きな台帳に記載するのを、お手伝いすると言う事です。言い換えれば、ブロックチェーン作成のお手伝いです。

ですが、お手伝いするにもいくらか報酬があると嬉しいですよね。実は、お手伝いをして記載ができた場合、仮想通貨(ビットコイン)が報酬として支払われます。

このように新たにビットコインが報酬として支払われる事をマイニングと言います。

マイニングは日本語で採掘と言ったりもしますが、文字通りビットコインなどの仮想通貨をマイニング(採掘)する為、この名前がつきました。

もちろんこの「マイニング」と言う行為はあくまで自発的な事です。

あなたがパソコンを購入したからと言って、勝手にマイニングを行う事はありません。マイニング専用のソフトをインストールする事で始める事ができます。

マイニングとは、パソコンの計算能力を貸し出してお金に変える行為とも言い換える事ができます。その為、最近では「GMOインターネットグループ」や「SBIホールディングス」などの大手企業がマイニング事業へ参入しています。

ビットコインは無限に生み出されるのか?

先ほど私はマイニング によって、新たにビットコインを発行する事ができるとお伝えしました。それでは、マイニングをずっと行っていればずっとビットコインを得る事ができてしまうのでしょうか?

結論から申し上げてしまうと、そうではありません。下記の図をご覧下さい。

ビットコインの発行総数

この図は、ビットコインの発行総数を具体化した物です。ビットコインの最大総量は2,100万BTCと決まっており、毎年発行できる数量が決まっています。この表を見ると、2009年からどんどん発行可能な数量が減っていっています。

この記事をここまで読んでいる方は、もうご理解いただけているとは思いますが毎年同じ数量を発行してしまうと、インフレとなってしまうからですね。

その為毎年発行数量を調整しインフレとならないようにしています。つまりビットコインの発行は無限ではなく有限です。

ビットコインはどこで購入できる?

「仮想通貨取引所」に登録をして購入する事が一般的です。簡単に申し上げてしまえば、仮想通貨の売買ができる場所です。

この取引所は一つではなく、複数あります。知名度が高い所だと「GMOコイン」「Coincheck」などが挙げられます。

もしあなたが仮想通貨を購入するとなれば、これらのどれかの取引所を1つ選ぶ事となるでしょう。もちろんあなたが一番良いと考える取引所に登録をすれば問題ありませんが一つだけ気をつけて欲しい事があります。

これは取引所を選ぶ際良く言われる事ですが、必ず「金融庁に認可された取引所」を選ぶようにしましょう。

理由は単純で、金融庁に認可されている取引所の方が一定の審査を経ている為、認可されていない所に比べて安全・信頼性が高い為です。ちなみにどこの取引所が認可されているのかを知りたい方は、金融庁が発表している「仮想通貨交換業者登録一覧」から見る事ができます。

ビットコインはいくらで買える?

さて、取引所も決定して次に気になってくるのは、ビットコインの価値です。

ビットコインを購入する為には、今あなたが持っている日本円をビットコインに変える必要があります。

つまり為替のようなものをイメージすると分かりやすいかもしれません。

2020年11月2日現在1ビットコインの価値は下記の通り。

2020年11月2日現在1ビットコインの価値
(引用:bitFlyer HP)

このチャートを見ると1ビットコイン =1,436,375円です。いかがでしょうか?高すぎますよね。

ですが、ビットコインを1ビットコインで購入すると言う方は少なく、1以下の単位で購入する方が多いです。

ちなみに、最も低い単価bit Fryerで0.00000001 BTCから購入する事ができます。ここまで低い単価だと何も購入できませんが、例えば0.1ビットコインであれば143,637.5円となります。

このように、低い単価で購入する事ができるのがビットコインの特徴です。

取引所によって、最低購入価格は変わってくるので確認してみて下さいね。

ちなみにこの0.00000001は1 Satoshiとも言われます。

そこまで気にする必要はありませんが、このビットコインの仕組みの基を作ったの「Nakamoto Satoshi」という人物であるという事からこの名前がつきました。

一見日本人のようですが、公式の場に一度も顔を出しておらず本名なのかどうかもわからないという、いわゆる謎の人です。この記事ではこの方に言及する物ではないので、詳しい説明は割愛します。

ですが、いずれにせよビットコインというお金の在り方を変えてしまうアイディアを創造した凄い方です。ちなみに2016年「Nakamoto Satoshi」氏はノーベル経済学賞にもノミネートされています。

この事から、ビットコインの開発がどれだけ凄い事か分かりますよね。

ビットコインの価値の仕組み

先ほどのチャートをご覧頂いた通り、ビットコインはずっと同じ価値という事ではありません。
他にも要因は多くありますが、主に下記3つの影響からビットコインの価値は変わっていきます。

・知名度
・供給量
・通貨危機

今回はこの3つについて焦点を当てて説明します。

知名度

知名度は、例えば大手企業がビットコインでの決済を始めてニュースになると知名度が高まります。そうすると、ビットコインを始めようかな、と考える方が増え結果ビットコインの価値は高まります。

供給量

需要と供給の関係になりますが、既に発行しているビットコインを減らしてインフレを防いでいるのは第3章でお伝えした通りです。つまり供給量を減らした際にビットコインの価値は高まります。
少し乱暴な表現とはなってしまいますが例えば世界に一つしかないボールペンと、世界にたくさんあるボールペンでは価値が変わってきますよね。このように需要と供給の関係でビットコインの価値も変化していきます。

通貨危機

日本円、ドルなどは世界的にもとても安定している通貨として知られていますが、例えば経済情勢が不安定な国の場合自国の通貨の価値が急激に下がる可能性を秘めています。仮に日本円で説明すると、1ドル=100円だったのが1ドル=500,000円を出さないといけなくなるように価値が下がる事です。

これは仮想通貨の世界ではとても有名な話ですが、アルゼンチンの通貨である「ペソ」の価値が下がりに下がった結果、国民はペソよりも信頼があり価値があるビットコインをこぞって購入し、アルゼンチンの仮想通貨取引所では1ビットコインの価値が1万ドルを超えたという記録も残されています。

このようにビットコイン、ひいては仮想通貨は既に一つの通貨としてその存在価値を高めていると言えるでしょう。

まとめ

ビットコインとは、これからの生活を通貨という観点からガラッと一変させてしまう仕組みを持った通貨です。

そしてこのビットコインを管理しているのは、法定通貨のような円・ドルのように国が管理している通貨ではなく「ブロックチェーン」と呼ばれる大きな台帳によって管理されています。この台帳を複数のユーザーが監視し合う事で、国などの取りまとめ役がいなくても管理ができるようなシステムが構築されています。

その為ルールが守られている、というよりかはみんなの目もあるという事から守らざるを得ないという事です。

更に、ビットコインはマイニングを行ったり、日本円をビットコインに換える事で保有する事ができ、購入する場所はGMOコイン・coinchekなどの「仮想通貨取引所」となります。

そして、最後にお伝えしたように1ビットコインだと150万円弱程度にはなってしまいますが、最低購入単価は0.00000001 BTCからなのでコストの観点からも参入する障壁はとても低いと言えるでしょう。

したがって、ビットコインの仕組みを分かりやすく説明するとすれば、安全面・価格面を仕組みによって確立させ、更にこれからの通貨をガラッと変えてしまう通貨の一つと言えるでしょう。